紙で作るバラのアクセサリー ロザフィーデザイナーズ教室公式ホームページ
ホームごあいさつスクール情報ショップ情報お知らせ会員専用ページ
HOME > ロザフィエンヌ通信 > 石の上にも
ロザフィエンヌ通信

石の上にも

5月も半ばを過ぎました、爽やかというより、暑かったり、涼しかったり
夜中に風邪をひきやすいので、注意が必要ですね。
 
5月といえば【5月病】という言葉を昔よく聞きましたが、
最近はあまり言わなくなったのでしょうか?
会社や学校に入って4月は期待と緊張している間に過ぎたけど、
5月に入って少し慣れてくると
仕事や学校がやりたかったことでかったかな?と思ったり、
想像と現実が大きく違うと感じたり、
急激な環境の変化に身体がついていけなかったり、
が要因で会社や学校を辞めたくなったりすることを言う
のだそうです。
その昔、私も親戚の子や知人から
よく【辞めたい】と相談されました。
さすがに私の年齢が上がってきたので
最近はその様な相談はほとんどなくなりましたが・・・。
以前相談された時に年齢的にちょっと先輩の経験から
彼らとよく話し合ったのは
 
「石の上にも三年」
 
なぜ石の上かというと、石は冷たいですが
長く座り続ければ次第に暖まるからだそうです。
 
物事は3・3・3
3日もてば、3カ月もつ、3カ月もてば3年は続けられる。
【いやだいやだ】という方向に流れ始めた時、少し立ち止まって
3日・3カ月・3年とりあえずやってみよう!
その間に先輩や、上司の言っていることが理解できたり、
自分にも後輩ができたり、
そのお仕事や学校そのものも悪くないと思えてくる。
何より大きいのは、
3年続ければ、その後辞めても、
あなたへの周りの評価はそれほど悪くならない。
【続かない人】という印象に立ち向かうのは、
その決断が軽率だった場合、相当いらぬ苦労になる。
と、メリット、デメリットを考えてみる余裕は欲しいですね。
 
習いごとも同じ
不思議なもので、そんなに熱心にやっていたわけではなくても
3年も経ってみると、相当上手になっている。
センスも良くなっている。
それはその3年の間、意図せずとも色々美しい物や芸術を
関連付けて観て、内面の引き出しに蓄積しているから。
 
日本ロザフィ協会は
出てくる課題を次々履修していくことで、
ロザフィのみならず、
付属する色々な手芸技術が自然に身に付き蓄積されて、
表現したいことをなんでも表現できる想像力を育て、
表現する手段を身につけることを目標に日々邁進しています。
 
先日お知らせした新作「パフローズ」はワイヤーを作品作りに応用する方法
が含まれています。ご注文受け付け開始時期は一斉メール、当ブログにて
随時お知らせ致しますので、お見逃しなく!

各種お申込み
体験会申し込み
講座申し込み
ギャラリー
新人作家作品紹介
作品一覧
ロザフィの作品集
更新情報
ロザフィエンヌ通信
テレビ雑誌取材
ブログ ミマのばらとロザフィとともに
PAGE TOP