紙で作るバラのアクセサリー ロザフィーデザイナーズ教室公式ホームページ
ホームごあいさつスクール情報ショップ情報お知らせ会員専用ページ
HOME > ロザフィエンヌ通信 > しつけ
ロザフィエンヌ通信

しつけ

ロザフィデザイナーズスクール/
農薬を使わないロザフィハーバリックローズプランティング
6月開校 第一期生募集!
http://rozafi-herbalicrose.com/ 
サンプルイメージ
こんにちは。大島ミマです。
先日TVで芸能人の「犬のしつけ」をやっていました。
餌をやる前の「待て」を教える
ワンちゃんは大好きな餌が目の前にあったら、飛びつきます。
食べる寸前に「待て」と強い調子で命令して餌が食べられないようにする
優しく「よし」と言って与え、
感動した優しい声で「よくできたね。いい子だね」と撫でる。
このしつけに対し飼い主の態度は2通り
1. 子犬の時期に心を鬼にしてしつける
2. 食べたいのに待たせるのはかわいそうと「待て」ができていなくても「よしよし」と与える。
一見、2の方はとても優しそう。犬のみならず人に対してもやさしい印象。

でもでも、飼い主の立場に立ち戻ってみると
こよなく愛している犬はしつけの意味が分からず、本能の赴くままに。
そして、外では「バカ犬」と相手にされなくなってしまう。
2の飼い主は優しいけど、考え方の中心にあるのはいつも自分中心
嫌われたくないという思い。

本当の愛とは?
人間関係、親と子供、リーダーとスタッフなどなど
全てに当てはまりますね。
2の方のしつけにはポリシーがないので、
今日は「待て」と真剣に教えたかと思うと、翌日は「まあいいや」と待たせない。
犬も子供も上の人のそういうところに敏感です。
「これだけは」と思うことは「相手のためを思う」ポリシーを持ちたいと
あらためて思いました。

各種お申込み
体験会申し込み
講座申し込み
ギャラリー
新人作家作品紹介
作品一覧
ロザフィの作品集
更新情報
ロザフィエンヌ通信
テレビ雑誌取材
ブログ ミマのばらとロザフィとともに
PAGE TOP